scribe

読みもの

今月の営業時間

2024年 February
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
1
2

がお休みです。営業時間は12:00〜19:00です。

日曜日と祝日は18:00までの営業です。

娘へ継ぐ味と心 消えないレセピ

野村友里の母であり、eatripの料理教室でもおなじみのCoccoこと、野村紘子さん初の書籍が発売になります。
eatripでは、書籍の中には未収録となったオリジナルのレシピを1つ特典付録としておつけして販売しております。
今後はWEBでも予約可能となりますので、お楽しみにしてください。

「料理は特別な資格がなくても、相手を想い、心を込めて作れば、人を和ませ、輪が広がって、みんなを心豊かに幸せにする力を持っています」と語る野村紘子さん。
今回の本では、旬の食材を使った12ヶ月の献立、季節の保存食、手みやげにしても喜ばれる品々など、“消えないレセピ”の数々をご紹介。

目次より
◆ 12 ヶ月の献立:
4月 春の息吹
5月 端午の節句をお弁当仕立てで
6月 夏は涼味
7月 夕暮れの集い
8月 森の空気、山のごちそう
9月 初秋の一献
10 月 名残月を和洋の趣向で
11 月 深まる秋の煮込み料理
12 月 山の家のクリスマス
1月 初春の温故知新
2月 冬の一汁三菜
3月 小さくて愛らしい雛の膳

◆ エッセイ:
紘子さんの台所 野村訓市/料理から始まること 野村友里

2015年3月29日発行予定
本体価格2500円+税

野村紘子(のむら ひろこ)

茶道や華道を通して学んだ日本の文化を大切にし、料理上手で人をもてなすことが大好きだった母から、多くを学ぶ。センスある料理やおもてなしは、若い世代の人たちにも人気。雑誌『ミセス』『暮しの手帖』などで活躍。長女の野村友里は料理家として知られ、東京・神宮前のレストラン「restaurant eatrip」を運営。長男の野村訓市は編集者・デザイナーとして国内外で活躍。またウェブサイト「JOURNAL EATRIP」では、“cocco(コッコ)”の愛称で、四季折々のレセピを紹介している